プエルトリコ・サンフアンのブリーダVanesa Semlerさんが飼っているチワワ犬「ミラクル・ミリー(Miracl Milly)」がクローン技術でなんと49回も複製され、先月、世界記録に認定された。

世界で一番小さい犬

このチワワ犬ミリーは、実はギネス世界記録「世界一小さい犬・体高部門」の記録保持者でもある。2012年、ギネスブックに登録された当時の体高は9.65センチメートル、体重は450グラムで大きなりんご1個分程度。

ギネス世界記録認定と、ミニサイズの愛らしい姿で有名になったミリーだったが、飼い主のVanesaさんに犬のクローンを作る気などまるでなかったそうだ。

ところが数年後、韓国SOOAMバイオテック研究所が彼女にアプローチ。ミリーのクローンを作らせて欲しいと申し入れた。この研究所は、ロシアの大学と協力して氷河期のマンモスの遺体からクローンを作成するプロジェクトを進めていることで有名だ。

同研究所の目的は、遺伝子の中に隠されたミリーの小ささの秘密を解明することだった。

クローン羊「ドリー」と同じ手法で

研究所の科学者たちは、ミリーの細胞から採取した遺伝子を別の犬の卵細胞(遺伝子を取り除いたもの)に注入し、その卵細胞を母親役の犬の子宮に入れた。

このクローン手法は、世界初のクローン羊「ドリー」が作られたのと同じやり方だ。

そして、昨年8月に最初のクローンが生まれ、その後次々と計49匹のクローンが誕生。先月29日にチワワ犬ミリーは世界で1番多く複製(クローン作成)された犬として、アメリカの世界記録認定団体「ワールド・レコード・アカデミー」に認定された。

「最初の予定では、クローンは全部で10匹のはずでした」と飼い主のVanesaさんは言う。「研究所がリサーチに使うための9匹と、私が家で飼うための1匹です。けれど研究所がもっと多く作りたいと言うので予定を変更しました」

オリジナルとは微妙に違う

現在Vanesaさんは、49匹のクローンのうち12匹を自宅で飼っている。それぞれの名前はMolly、Mally、Melly、Molly、Mumu、Mila、Mary、Mimi、Moni、Mini、Mela、Mulan。

「ミリーのクローンを12匹も飼うのはいろいろと大変ですが、とても楽しい」とVanesaさん。「どの犬もミリーと同じように賢く、遊び好きなんです。目の色は同じで、体の色合いも同じです。けれど、体の大きさがミリーより少し大きく、性格が微妙に違います。ミリーは個性的なんです。これは個人的な意見ですが、科学者が頑張っても、オリジナルのミリーと同じ犬は作れないのではないでしょうか」

 

クローン技術で49匹に複製された犬、ギネスに認定される


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

先生、Mollyが複数いますがどうしましょう?


目が滅茶苦茶怖いです


うちの猫の遺骨からお願いしたい(´・ω・`)


ハンコ絵ならぬハンコ犬やねw


すごい…数年しか生きられなかった技術が、今はもうここまできているんだな。特徴など少しづつみんな違うのだろうか等、色々気になってしまう。みんな元気に育ってくれ~


複製されても特徴を受け継いだだけの別の個体になるのは興味深いね


クローンで増やされまくってご苦労ーン、って感じ


下手にこういうの公表してると反対してる団体とかに襲撃されそうで怖い


うちの犬の方が可愛い


これはどんどん解明して追求した方が良い技術だと思う…


クローン羊のドリーも羊として普通に生きたらしいし別にクローンは寿命が特別大きく減るという訳でもなさそう、というのが最近の定説なのよね……


101匹まで増やしてディズニーに売りこもうぜw


なんとなく気持ち悪さを感じた。これが生命のタブー(とか言われるもの)を犯すことへの嫌悪感なのかな


金積めば誰でも出来るんだよねぇこれ。個体の性質が大事な産業動物には非常に重要な技術ではあるんだけど、色々紙一重だよねぇ。というか研究所の要望で"飼ってたペットを増やしたい"≒"実験動物にしたい"だと思うんだけどOKするのか(困惑


20001人のクローンは、まだまだ先ですかね。


一回目の疑似蘇生は死に別れたペットとの再会と言えなくもないけど、次はどうするんだろうって疑問に思う。二匹目が*じゃったからまた複製しようって思考はかなりアウト寄りだと思うんだけど・・・


ただ単に同じ見た目のものが大量に手軽に増えられるという事への恐怖なだけだと思う。こんな手軽に増えるんだなぁ…。命の不思議を感じたし、それでも同じ個体にはならなかった(大きさとか)のは面白い。


こういう怪しげなことやっちゃうのって、やっぱりあの辺の国なんだなあと思った。理性やモラルが無い。科学的には今さら意味はないけど、技術的には可能だから面白がってやっちゃうんだね。


なんだろ…すごいんだけど、なんか怖い


クローン体の延命は確立できたのか


中韓が得意な分野ですね(笑。


ギネス認定はコレジャナイ感。


リサーチに「使う」ために「作る」ことを承諾するのは正直理解しかねる


ドリーがすぐ*だのは技術的な問題でもなんでもなく羊特有のありふれた病気で*だだけでクローンは関係ありません。他に早死したクローンは確認されてない。日本にも大量のクローン牛がいます


クローン技術があれば、死者と再会できると勘違いをする人が現れるなければいいが…


クローン作って臓器を提供してもらう、という世界へ進化しなくてよかった…。細胞から臓器単体だけを作って移植してくれる未来を選んで良かった。


スゲー