タレントの小倉優子が、11日に放送された日本テレビ系情報番組『PON!』(毎週月~木10:25~11:30)にVTR出演し、“こりん星”キャラで活動していた頃の苦悩を明かした。

お笑い芸人の永野の直撃を受けた小倉は、芸能界のママ友はいるか聞かれると、「ギャル曽根ちゃんとか、千秋さんとか、山口もえさんとか、若槻千夏ちゃんとか」と答え、一般人のママ友も「いっぱいいます」と告白。「すごく友達が増えたんです」とうれしそうに話した。

そして、「昔は“こりん星”って言ってて」と、“こりん星”からやってきたお姫様キャラで活動していた頃を振り返り、「『こりん星出身です』ってウソをついて、罪悪感もあって、あんまり『友達になりましょう』とか言えなくて。ウソをついているのを背負ってきたから」と打ち明けた小倉。続けて、「自分のことも今オープンで隠し事もなく過ごせているので、すぐお友達ができるようになりました」と変化を語り、「どこ出身ですか?」と聞かれると「千葉です」と答えた。

画像提供:マイナビニュース


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

>『こりん星出身です』ってウソをついて、罪悪感もあって  ハタから見ても「あ…この子無理してるな…」って分かったけど一生懸命キャラ作りしようとしてるゆうこりん、嫌いじゃなかったよ…(´・ω・`)


当時、無理が見え見えで逆に不憫だった


>『こりん星出身です』ってウソ  ←ぜ、全然気付かなかったなあ(棒


しくじり先生で出演したの見て芸能界は危ないとおもった


気がつかんわけないやないか~い(山田わし53世)


仕事のために嘘つくのは普通


それはそれ!これはこれ!今は今!過去は過去!終わり!閉廷!…以上!


自分を振り返りたくない黒歴史って誰にでも有る物だよね、でもそれさえネタにして売らなきゃならない芸能人の辛さよ


今はそういう無理なキャラ作りをしていないということで、以前と比べて精神的に楽になって仕事ができていればいいですね。


キャラ付けのためのロールプレイを「嘘」と感じる時点でこの仕事あんまり向いてない。デーモンを名乗るあのバンドや、獣神サンダーライガーを名乗るあのプロレスラーを見習って、「そもそもこりん星があると思ってる奴はファンにもいない」と思えれば楽になれた。


これと同じ苦悩を抱えてる人、今ならVtuberで作った人格と現実の剥離具合に頭を悩ませてる人とか多そう。


知ってた案件。まあ、ご苦労さん。


何言ってんの、こりん星あるじゃん。ウサミン星と割に近いんじゃなかったか。


コノウソガウソナンダケドナ(こりん星語訳)


これもネタだろw


どっちかと言うと終わり!終わり!終わり!の会見のほうが…。あの時にこりん星のイメージも格下げになったなぁって。


「ウソ」と「設定」って違うと思うわけだが


嘘を付く程度で罪悪感とか持ってたら、嘘が常識の芸能界でやっていけないだろ。女性芸能人は年齢やスリーサイズを大概嘘ついてるはずだけど、そっちは罪悪感ないのか?


自身で痛いキャラで悩んでるかと思ったらウソで悩んでたか・・・みんな騙されてると思ったのか・・・・。


実業家としてやってるしな。たむけんの女バージョンみたいになってるとかなんとか。


いや誰も信じてませんから!


こりん星あったよ、見たって人多かった


うわあ、ついにこりん星サイドがその存在を隠蔽しにかかりましたね間違いない……。


道化を演じるのも楽じゃない


新たに見つかった星に「こりん星」って名付ければ、嘘じゃなくなる。


誰も騙されてないので嘘だと成立しないと思うんですがそれは・・・後カボチャの馬車じゃなくてエスティマでしたよね?


こういう黒歴史は下手に突っつくと爆発するかもしれないからそっとしておいてやれ


こりん星はありまぁす!


つまりこりん星は千葉にあった……


スクールランブルのEDのインパクトがいまだに…


ただの黒歴史じゃん


嘘というよりただのキャラ付けやん?世の中には子供の頃にケガもしてないのに眼帯付けて左目に悪魔が封印されてたりした子供もいたりいなかったりするから、ヘーキヘーキ。


別に誰も傷ついていないから、悔やむことはないと思う。当時はつらかったのか。 今はその思いを伝えられてよかった。


そして今は他人の子供を使って母親を演じているというホラーに似た何かなのではないかと勘ぐってしまう。というかあのキャラ付けでファンいたの!?


でも番組によってはスタッフに頼まれてなのかこのキャラ続けてることにする場合もあるよね?あとデビュー当時の篠原ともえの芸風を模倣して夜もヒッパレに出てたのはまだ聞いちゃいかんのかな


その時良ければ