ケンカツ

(画像は公式サイトのスクリーンショット)

吉岡里帆主演ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(関西テレビ系)の初回が17日に放送。社会派なストーリーと攻めたセリフが早速話題になっている。

■『ケンカツ』とは?

本作は柏木ハルコ氏の同名マンガの映像化作品。新人公務員の主人公・義経えみるが、生活保護受給者を支援するケースワーカーの仕事に配属されたことをきっかけに、色んな人生と向き合い、奮闘していく姿を描く。

■生活課に配属

映画監督を目指していたが挫折し、安定と平凡を求めて公務員になった義経えみる(吉岡)は、生活保護受給者を支援する生活課に配属される。

先輩ケースワーカーの半田明伸(井浦新)から担当を任されるえみるだが、新人にも関わらず110世帯という多さだった。

そんなある日、役所に一本の電話が。平川というその男はえみるの担当受給者で、「これから死にます」と言ってきたのだ。これに対し、えみるは当然大慌てになるが、前任者や親族は「いつものこと」という感じ。

■受給者が自殺 「良かったじゃん」と言う先輩

その後、えみるは先輩の京極大輝(田中圭)から、平川が飛び降り自殺したことを告げられる。大きなショックを受けるえみるだが、それに対して先輩の女性職員が…

「平川さんの、月13万円の生活保護費は国民の税金から出てたんだから。それが減ったわけだし。それに、自分が抱えてる1ケース減って良かったじゃん。それぐらいで考えないと」

と発言。それに対し、えみるは言葉が出なかった。

こうして配属早々、厳しい現実を突きつけられたえみる。自分なりに受給者たちの人生に寄り添っていかなければならないと決意するのだった。

■ネットでもさまざまな声

この破壊力抜群のセリフに対し、ツイッター上でも多くの反響が。


作品のタイトルにもなっている「健康で文化的な最低限度の生活」を営むのは、すべての国民に保証された権利だ。

だが、生産年齢人口の割合が減少している中、生活保護受給者への風当たりは厳しく、ネット上でこの職員のような発言をする人を見かけることは決して少なくない。

また、えみるが新人でありながら100を超える担当を任されたように、ケースワーカー自身も激務で、健康な生活を営めないことも多いのだろう。

複雑に絡み合うさまざまな事情を考えるほど、表面的な過激さとは裏腹に、簡単に良し悪しを判断できるセリフではないのかも…と思えてくる。

その後、えみるは求職活動中の受給者・阿久沢正男(遠藤憲一)と出会うことに。今後、ストーリーにも大きく絡んでくるようだ。

今の日本の現実を切り取った本作から今後も目が離せない。

《これまでに配信した『健康で文化的な最低限度の生活』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→「はるた…んじゃなかった」 田中圭、遠藤憲一との肩組みでファンを惑わす

(文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤

生活保護受給者が自殺して「良かったじゃん」 『ケンカツ』初回から社会派すぎる


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

その通りだな なんでお金やって生かさないとアカンのかな 「*っていうのか!」と反論あっても 「そうです」としか言えない 立ち直る努力期間中の金銭はレンタルにしようぜ?


自*るくらいなら*


無駄に受給者増やしてるのが問題だからだろ 日本国籍を持たない外国人へのバラまきは全てやめろ


地方公務員は手取りだけは少ないが、実入りは50万くらい行くのでは。とくに年金の積み立て(全額税金)がすごい


不正受給者の話題を持ち上げれば神だったな


ネット民たちは受給できないからと 総叩きする。見苦しいね。今は受給できていなくても、将来は受給確立0では無いのに。受給する立場になると少ないと騒ぐのよね。


不正受給者全部切ったらこの人達もある程度仕事楽になるし税金も浮くしいいことずくめじゃん 消費税上げる前にはよやれや


見てはいないがものすごくドライな台詞に聞こえるな。結局はどれだけの人を救えるかじゃなくて、どれだけ口減らしができるかってことだし。もらう価値のない奴がいるのは事実だろうけどさ


「”健康で文化的な”最低限度の生活」これって田舎でご近所付き合い絞って自給自足同然に暮らすなら結構節約できるけど、家賃の高い所に住んで人と交流する身だしなみ整えるだけで莫大に膨れ上がるよな。でもそれを支払わなきゃ人間扱いされない


北九州市小倉北区でおにぎり食べたいと遺書残して餓死したケースをモデルケースと発言した課長だったかなが居たよね。


>不正受給者の話題 連ドラだしこれからやるかもよ


不正受給対策と外国籍への支給問題をどうに*れば何も文句は無い。セーフティーネットとして生活保護は必要不可欠だと思ってはいるが、制度がザル過ぎる事に文句が出ているのだと思うわ。


このことに限らずだけど制度がザルっていうよりは単純にマンパワーの不足が一番の問題だと思うけどね制度を幾ら改定しても人員の増員とか画期的プロトコルによる効率化とかを積極的に推し進めるようなことをしない限り根治は難しいだろうなあ そしてそんなことをする余裕はどこにもない


あーあー不正受給不正使用を放置してるから適正受給者との混同がこんなレベルになっちゃったー。不正は5%だ!とかぬかしてた人権屋さんどーすんの?


でも国や国民の豊かさのために自*るならそれは英雄的犠牲だな神風に匹敵するといえるまぁ社会的に自死を強制されているってのが主張なんだろうけど


安倍政権が福祉費削減したから、少しの間下火だった「ナマポ批判して福祉費削減正当化」が始まったのね。残念だね。景気が良くなって皆さんの生活レベルが上がるはずだったのに上がらなかったもんね。


不正に受け取ってるやつらは結構数いるはずだ ごく一部なんて甘い事言っておれんなってきてるよ 逆に必要としてる人を探してそれ以外一掃するくらいしたほうが返っていいかもね 不正金でパチンコや高級車乗ってるゴミやいる意味もない外国人とかね 屑がのさばって生きる価値ある人が代わりに苦しむ 


そういう筋立て・味付けのドラマだというのは分かった。で、現実は?


そもそも生活保護でもらえる金額より普通に働いた方がはるかに稼げればいいだけの話。なのに自分より強いものよりすぐ立場の弱い方を攻撃するのは何故なんだろう。


受給者が減ったよ!やったね税金ちゃん!


情に厚く接すると不公平・税金の無駄遣いと言われ、システム的に接すると冷たい・人間の仕打ちじゃないと言われる


こういうのがドラマになるといよいよ生活保護も公的年金なんかも色々と過渡期だな


「働けない」 と 「働かない」 を他者が見分けるのは非常に難しいので、色々と悶着も起きます。


 や っ た ね た え ち ゃ ん !


>やったね おいやめろ


まぁ…役所の人間は心理カウンセラーでもお悩み相談の人でもないからな


同じ作者の時代劇の漫画は面白かった。どの作品にも「ザ・*女」がいるのでお勧めぞ。


どうしても働けなくなった人が自*るのはただただ悲しい。働ける人間がのうのうともらって生きているのはくやしい


受け取るのは良い。パチンコはやめてくれ。それから繰越金が発生してなお少ないと宣うのもやめて頂きたい。


できない仕事でも無理にしろ!そして追い込まれて仕事を辞め、受給者は舞い戻ってくる。自殺まで追い込まれるのは一体どれだけのループを繰り返す?


不正受給対策と外国籍への支給問題さえなくなれば問題はない。むしろこういうセーフティネットはもっと手厚くあるべきだ。叩いている人もいざ自分がそうなる可能性が万に一つもあるのだから感情的になるのはやめた方がいい。


良かったじゃん、この国は社会主義じゃないんだから自分で稼げないなら*よ


知的・精神での生保受給者10人近く知ってるけどまともな思考回路持ってるやつは1人しかいない。もらって当然、もっとよこせってのばっかで反吐が出る。


国に迷惑かけまいと自*たなら褒め称えるべきだよなかなかできることじゃない


ドラマ見てないけど、>「これから死にます」に前任者や親族は「いつものこと」という感じ。これってこいつが普段から「俺を*せたくなければ金をよこせ」って脅しみたいな事繰り返してて親族すら呆れてるって事? そんな人間が本当に自*ても同情できないんだが。


___>>逆に言えば国の為に*ってことだな。どこの将軍様かな?


何で俺は朝から晩まであくせく働いて休みも日曜しかないのに、*は寝てるだけで金貰えるとか世の中狂ってるとしか言いようがない。国は*の口減らしか原発送りにしろよ税金をなんだと思ってんだよ


タイトルだけ見て。働けよ!働かざるもの食うべからず!


実際その通りだから仕方ないね 不正受給者や外国籍の受給者がいなくならない限り正当な理由で受け取ってる人が自*てもそう思う


自*るって、ちっとも良くない。自殺は自己への最大の加害行為だが、それが外に向けば容易に通り魔などになる。運良く他人を巻き込まなかっただけだ

ドラマかw