「今の日本は、日本軍と反日軍の内戦状態にある」

 ドラゴンクエストの作曲家・すぎやまこういちは、2011年5月、靖国神社崇敬奉賛会の講演会で「非常に漫画チックな言い方」と断ったうえでこのような見解を披露し、さらに発言を続けた。

「なんと、政府、内閣を反日軍が占めているのです。聞くところによりますと、今の内閣総理大臣を始め、かなりの主要な人達が、日本国家解体を学生時代に夢見て学生運動を行っていたと言われています。(中略)

 この反日軍の人達が大震災を足掛かりにして、どさくさに紛れて日本国家を解体しようという動きをしているように見えます。そのことに大変な危機感を持っていまして、何とかこれを防がなければいけないと思っています」(『平成二十三年度 講演記録集』、靖国神社崇敬奉賛会)

安倍晋三、西田昌司、稲田朋美らは「日本軍」

 当時は東日本大震災の直後で、民主党政権の時代だった。つまり、すぎやまは、菅直人元首相らが「反日軍」として国家解体を目論んでいる(ように見える)、といっているのだ。

 ちなみに、すぎやまが「日本軍」「反日軍」の比喩を使ったのは、これがはじめてではない。震災前に刊行された『正論』2011年1月号の寄稿では、「日本軍」のメンバーとして、安倍晋三、西田昌司、稲田朋美、高市早苗、衛藤晟一、山谷えり子の名前があげられている。

 これにたいし、当時の総裁・谷垣禎一は失格らしく、「ため息が出てしまう」とされている(「谷垣禎一総裁へ捧げる退場勧告」)。

「生産性」発言の杉田水脈に「正論ですよ」

 今回このような発言を取り上げたのは、ほかでもない。自民党の杉田水脈衆院議員の「生産性」発言(『新潮45』2018年8月号)に関連して、保守論客としてのすぎやまの存在にあらためて注目が集まっているからだ。

 2015年6月に公開された「チャンネル桜」の番組で、当時落選中だった杉田は、「生産性がない同性愛の人達に皆さんの税金を使って支援をする。どこにそういう大義名分があるんですか」などの発言を行った。現在この番組にも焦点があたっているが、このときのホスト役が中山恭子と、ほかならぬすぎやまだったのである。

 すぎやまは「男性からは言いにくいことをガンガン言っていただくのはありがたいですね」「正論ですよ」などと、番組内で杉田に好意的だった。もしかすると彼女も「日本軍」のメンバーなのかもしれない。

 それはともかく、すぎやまはもともと「愛国者」であると公言していて、「(大東亜戦争は)決して間違っていなかった」「あの大東亜戦争がなかったら、これほど次々とアジアの人々が独立を果たせなかったかもしれない」「東京裁判なんていうものは、裁判でなく殆どリンチ」(前掲講演録)、「『従軍慰安婦』についてはまったく納得できません。当時の政府と軍部は、慰安婦になることを強制してはならないという姿勢でした」(『日本文明の肖像Ⅰ』、展転社)などの発言を積極的に行ってきた。

 それなのに、いまだに「ドラクエの作曲者がなんでこんなことを」などと反応するのはいささか認識不足だし、なにより本人に失礼だろう。戦争や歴史が話題になりやすい8月でもある。ここでその「愛国」発言の数々を明らかにしておきたい。

「朝日新聞の購読者を一人でも減らす」

 「日本には所謂、反日軍御用達みたいな新聞があったりします。その本社の中に、人民日報日本支社などが入っている。そういう新聞社があると言っただけでここにいらっしゃる皆さんは『ああ、あの新聞だな』とお分かりでしょうが」(前掲講演録)

「あの新聞」は名指しされていないが、続く箇所を読むと、どうやら朝日新聞のことらしい(築地に「人民日報日本支社」なるものはないはずだが)。

 歴史認識で相容れないメディアへの批判は激しい。とくに朝日に対するそれは苛烈だ。同じ講演で、すぎやまはこんなこともいっている。

「我々に出来る事は、やはり朝日新聞の購読者を一人でも減らす、少しでも他の新聞に変えて貰うという事です」

 そしてすぎやまは、「知り合いの有名なフランス料理のシェフ」にたいし、

「一カ月だけでも朝日新聞を止めて他の新聞、取り敢えず産経新聞に変えてみてよ」

 と持ちかけ、じっさいに産経新聞の購読者とすることに成功したという。なんという愛読者の鑑。フジサンケイグループは、彼にこそ正論大賞をあげたほうがいいかもしれない。

NHKは「中国人民解放軍の出先機関かも」

 すぎやまは、NHKについても強い不満をもっている。やはり同じ講演では、こんな真偽不明の話もしている。

「NHKのスタッフには、私が聞いた所によりますと朝日新聞からの天下りの方がかなりいらっしゃるそうです。またNHKの社屋の中に中国の放送局の支社があるという話を聞いたことがあります。ですから極端に言えば、NHKというのは中国人民解放軍の出先機関かもしれません」

 いくら「極端に言えば」といっても「中国人民解放軍の出先機関」は論理の飛躍ではないかとも思うが、先を急ぐ。

 すぎやまによれば、共同通信も「やや反日軍に近い」。沖縄の「二紙」(沖縄タイムスと琉球新報と思われる)について、「二つともとても駄目みたいです」「直接沖縄に行って新聞を買って見た訳ではないのではっきり言えませんが、人づての話とか色々な雑誌の記事などを見た範囲で感じる部分ではとても危ないと思います」。

 まさに撫で斬り状態だが、反対に高く評価されるのは、先にも名前があがった産経新聞、月刊誌の『WiLL』、そして――、

「『日本文化チャンネル桜』は、日本軍の一員として凄く頑張っています」。

 すぎやまの「日本軍」「反日軍」の色分けは、現在の保守界隈の考えを反映しており、じつに典型的でわかりやすい。

「ドラクエV」で憲法9条を批判

 そんなすぎやまにかかればドラクエも「愛国」的に解釈されてしまう。

『WiLL』の2011年12月増刊号『すぎやまこういちワンダーランド』をみてみよう。ここで、すぎやまは淡路恵子と対談し、つぎのように述べている。

「僕がドラクエのストーリーで印象に残っているのは、『ドラクエV』に登場する『光の教団』。怪しい宗教団体が出てきて、司祭が『世の中に武器などというものがあるから戦争が起こるのです。皆さん、武器を捨てましょう』と布教するんです。

 村人たちがその言葉を信じて武器を捨てると、途端に魔物の群れが村を襲って占領されてしまう。現状の日本を思ってしまうシーンですよ。『憲法九条を信じて武器を捨てても、相手が武器を持っていたら乗っ取られるぞ』と。

(中略)ドラクエをやっていれば分かるように、平和は戦って勝ち取るものであり、戦う姿勢によって守られるものなんですよ」

 すぎやまの「愛国」発言は、歴史認識にせよ、慰安婦問題にせよ、現在の保守論壇的にオーソドックスなものが多い。それにくらべ、この「ドラクエV」を使った憲法9条批判はオリジナリティに溢れ、深く印象に残る。

 さらにすぎやまは、2010年に青山繁晴(現・自民党参院議員)と対談し、こんな発言もしている。

「堀井雄二さんも、基本的に愛国者ですから、そういった部分がにじみ出てくるでしょうね」(「日本復活の呪文」)

「そういった部分」とは「愛国的な部分」ということだ。つまり、さきのような「愛国」的解釈はけっして牽強付会ではない、なぜならゲームデザイナーの堀井も「愛国者」だから……ということだろう。

 いずれにせよ、すぎやまこういちの政治性はいまや明らかである。彼は今日的な「愛国者」以外の何物でもない。その口から「大東亜戦争肯定論」がでてきても、まったくふしぎではない。

 肯定するにせよ、否定するにせよ、今後はこれが議論の前提だ。保守論客や保守政治家との対談や鼎談ならほかにも無数に存在する。もはや「意外な一面」などと驚いてはならないのである。

(辻田 真佐憲)

すぎやまこういち ©時事通信社


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

事実を政治家が公言できない時代だからね。政治家が玉虫色の発言をしないといけないのは、賛成反対の双方の顔色を窺わないといけないからで、特にマスゴミという反日組織に目を付けられない為にそういう風にしないといけない。アメリカのトランプのように、自国の利益の為に突っ走れる政治家が日本にも必要だろうよ


事実を事実として語ると叩かれるおかしな国、日本。


>>けろんぱ@ツイID無しは偽物だよ元々、「空気」に反する言動をしたら叩かれる国だから・・・。


言葉尻だけとらえて内容を議論しないからな。今の批判なんてその程度


臭いものに蓋。議論せず知らないフリをすることが美徳です。


シナリオ・ゲームデザインに携わった堀井雄二氏がすぎやま氏と同じ考えだったのかどうか。ドラクエⅤの光の教団の話も後付け感が否めない。他のドラクエにそう言った政治思想的雰囲気は感じないし。


ドラクエ関連は勘繰りすぎじゃないのかね。あと最近は産経グループも在日三世が筆頭株主なせいで相当な反日っぷりだと思う


ラノベ並の「陳腐な設定」だね、ここの連中も同類ばかりなんだろう?(笑)


自分の住んでる国を大事に守るという事が愛国心に繋がってるだけだ、文春オンラインにはガンジーの言ってる非暴力非服従の意味が理解出来ないんだろう。


8月8日のコンサートに行きたいです。なんとか当日券だしてください。


愛国はあるべき姿でしょ。自分の国なんだから。なぜこの記者はそれが特別みたいに書くのか。まあ察するけど


杉田氏の発言は何ら間違っていないけど居島氏がいうには生産性って表現を使うのは好ましくないっていわれていたところもあるわけだしなんともいえないね。


記者がおかしい。杉田水脈のLGBT問題とすぎやまこういちの愛国心とはあまり関係性を感じない。


ほんとは愛国心に右も左もないんだけどね、なぜか愛国心は悪いものって言いたい記事だな。


「愛国」に過剰反応してすぐ叩こうとする人達いますよね。何が目的なのやらw


すぎやまさん年金もらったり歳取ってから健康保険適用とかしてるのかな?もしそうなら説得力皆無な感じが。生産性が無いんだから。


これ遠回しで安部ちゃん批判してるんだぞ。こいつも見せかけだけの反安部かよ


水脈発言は、政治家が言っちゃいかんことなのだよ。国民に優劣をつけるのはダメ絶対。


フツーの国はまず愛国心ありきで、自国を良くする為に何ができるか?って所に右・左があるけど、日本の政治やメディアの何割かはまず反日ありきだろ。国力を削ぐ為に何ができるか?という点に右・左やら何やらのカワをかぶった連中が腐心してるんだよな。すぎやまさんが心配してるのはごくフツーの事。


マスコミは愛情や恋愛は至上のもの扱いするけど愛国だけはボロクソに叩いてくる不思議。同じ愛なのにね。


愛国に過剰反応する輩や否定する輩は #売国奴(#traitor)って事だ。そんなに嫌いなら直ちに #国籍 を移せば良い。心の底から嫌いな国に居座って、不毛な批判を繰り返している言動には、全く #生産性 が無いのだから。


ゲン>厚生年金は一定期間税金納付した者の当然の権利。 それまで生産(納税)してたからな。 LGBTが同性婚を役所で受け付けろっていうのは「これまで一切行っていなかった行政サービスを増設しろ、ただし資金は全国民の税金からだ。同性婚だから次世代は生まんがな!」だぞ。


中指突き立てクソパヨ朝公*・金梨花の戯言を思い出すなァ。


ドラクエってこんな気持ち悪い意味が込められたゲームだったの?僕は王道を征くFF派になるは


いわゆるネトウヨは高齢者が多いらしいですからね(笑。


文春の杉田暴言集って発言のごく一部を切り取って誤解させたり、実際には杉田氏を取材したリポーターの発言だったりでねぇ。書いている木村正人って極左の人なんで悪意がある。この記事もLGBTに絡めておとしめようという意図がある。


愛貴婦人という老人が何か言ってますよ?


むしろ、この記事のライターの「辻田 真佐憲」さんの悪意が酷いねぇ


金鯖缶>別にLGBTに援助が必要だと言ってるわけでなく社会保障受ける条件に「生産性」を入れることがおかしいと書いてるんです。おかしくないなら年金受ける条件にも生産性入れないと辻褄合わないじゃないですか。年金は若い人が高齢者を支える社会保障なんですから。生産性が条件に入るなら年金受けなければいいというかなくせばいい。


生産性無いと社会保障受けられないというなら高齢者・障害者その他能力ない人は健康保険も年金も辞退しないと。これが「少数派より多数派の社会保障の方が優先順位が上」ならわかります。何でそこにわざわざ生産性なんて入れるのかがよくわかりません。


あと、杉田さんの言ってる生産性って子供産めるかじゃないんですか?


整形手術とかも社会保障適応になったりするんですかねえw*な人は差別されますからw


この記事書いた人も学生時代に日本国家解体を夢見て学生運動を行っていたのかな


さて、杉田議員が生産性発言で非難を浴びている今日この頃、当然「安倍は子供を産まないから生産性がない」「すぎやまこういちは高齢者だから生産性がない」「ネトウヨはニートだから生産性がない」こんなことを発言している方々、ちゃんと自分の発言に対して、身を以て責任を取るんですよね?


「こいつらはどんな理由があっても言っては許されないけど、自分たちはいい?」「LGBTに対してはだめだけど、こいつらには言っていい?」どちらも差別主義者の言い分です。自分の発言に責任を持って、杉田議員に要求するのと同じ罰を受けてくださいね。


別に杉田さんに何も要求してないですよ。ただ単に社会保障受ける条件に生産性とか何らかの能力有さないといけないという考えはおかしいと書いてるだけです。色んな人のコメ一纏めにされてもね・・・。


すぎやまさんは数年前の放送法第4条改正の話が持ち上がる前後にも民放の報道内容の政治的公平性がないということでBPOに訴えてますからね。審査委員に左巻き思想の人物が多いBPOでは当然のように却下されてましたけど。


それでも安倍内閣の方針とは異なると言うことで(テヘペロ


安倍総理「総裁選を無事に乗り切るためなら指導しちゃうぞっ♪ピピッピピッ☆彡」


NHKは「中国人民解放軍の出先機関かも」 ← 流石にこれはアメリカ軍基地にUFOがあるって言ってるレベルで基地ってますわ

なるほど