親にとって子供に先立たれることほど辛いものはない。しかし我が子が末期の病を抱え、痛みに苦しみながらかろうじて生きている姿を目の当たりにしなければならないとしたら、そして辛さに耐えかねた我が子が「死」を望んだら、どう選択すべきだろうか。このほどベルギーで、安楽死した子供の年齢が9歳と11歳であったことが発表された。これまでの記録上、安楽死された最も若い患者になったようだ。『Mirror』『Washington Post』などが伝えている。

安楽死を合法化したベルギーでは、国内だけでなく海外からも安楽死を求めてやってくる人は多い。しかし安楽死が施行されるには、医師により心理カウンセリングや様々なプロセスが必要だ。最も重要なことは「耐えがたい痛みが持続し治療回復の見込みがない」「心身ともに苦痛を味わっている」「本人に死の意思がある」ということである。

2016年1月1日から2017年12月31日までの間に、ベルギーでの安楽死を望んだ人は4,337人であり、ほとんどががん患者だったという。しかしその中に3人の子供が含まれていたことを、7月11日に発行された「CFCEE(ベルギーの安楽死を規制する委員会)」の新たな報告書により明らかとなった。

安楽死した子供の年齢は、17歳、11歳、そして9歳だ。オランダでは12歳以上の安楽死が認められているが、2014年に法改正されたベルギーではいかなる年齢であっても医師は命を絶つことが合法的に可能となった。2016年から2017年の間に行われた11歳と9歳の子供の安楽死は、世界で最も若い事例になったようだ。17歳の子供はデュシェンヌ型筋ジストロフィー、11歳の子供は嚢胞性線維症、9歳の子供は脳腫瘍を患っていたようで、いずれも末期の病で激しい痛みを伴っていたことが分かっている。

成人同様に子供の安楽死も児童心理学者による検査が行われ、周囲ではなく本人の意思により死を望んでいるかどうかが確認される。しかし両親は、子供の願いを覆すことも可能だそうだ。子供は安楽死についてきちんと認識しており、それを望むという旨を書面に記す必要もあるという。また患者は、絶え間なく続く緩和不可能な耐え難い痛みを抱えて絶望的な状況にあり、短期で死に至るということを証明しなければならない。そしてこれらの条件を満たしている患者にのみ、医師による薬物投薬で安楽死が行なわれる。

CFCEEメンバーのLuc Prootさんは、若者の安楽死が法的に認められ施行されたことについて「精神的、肉体的な苦しみは圧倒的であり、安楽死の選択は良いことだと思っている」と述べている。なお、3人の子供についての身元は一切明かされていない。

このニュースを知った人からは「幼い子供たちが病に苦しんで、死を望むまでになるなんて…心が痛むわ。親も相当辛い決断だったと思う」「尊厳を持って死ぬことができるから、私は安楽死に賛成しているよ」「我が子が末期の病で苦しんでいても、安楽死に反対だったら子供が最後まで苦しんで命を終えるのを見なきゃならないってことよね。いくらモルヒネで痛みを緩和しても、やっぱり持続する痛みは耐え難いと思う。それなら子供を楽にしてやりたいと私なら思ってしまう」「悲しい、ただ悲しすぎる。10歳そこそこの子供が、どれほどの痛みを抱えて生きてきたのかと思うと…どんな結果でも、幼くして命を失くすのはやりきれない」「個人の意思を選択・尊重するという意味では、安楽死もありだと思う」「痛みを抱えながら生き続けることほど辛いものはないだろうから…安楽死を選んだのは、間違いではなかったんだろうね」といった声があがっている。

画像は『Mirror 2018年8月8日付「Two children aged nine and 11 become youngest in world to be euthanised」(Image: iStockphoto)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

日本にも安楽死を!


楽にしてあげるのも人権を考慮した慈悲だよ


この件は子供は当然だが親もきついだろ


 国内に認められた安楽死施設が出来たら、健康不健康関係なく殺到しそう


どちらを選ぶにしろ、闘病の子供本人とその親が一番つらいよね 来世があるなら健康で幸せな親子であって欲しい


実際に*医者のキツさが一番上じゃねえのかね


生きるのが苦しい子供をずっと苦しめるなんてそれこそ虐待どころか拷問だ。親も辛いだろうけど、一番つらいのは子供自身なんだから安楽死させて正解なんだろうね


安楽死が苦しみを取り除く手段として許されるのなら、その条件に年齢は関係がないってことだね。回復の見込みが全くないことを受け入れるのがきつそうだ。


全部治る見込みのねえやつだなこれ…延命しかできないし無理もない


苦しい現世が終わって天国にいったんだよ。


*ことが救いになるのは関係者全員きついな。せめて子供は救われたと思わないと辛すぎる


末期がんでただ苦しむだけの人間に延命治療を施すのは拷問より酷い行為。


日本の老害をここに連れてきて*せるビジネスがあればなぁ。


介護されないと生きられない奴を殺処分できる法律はよ!


耐えがたい苦痛があって回復の見込みがないうえに本人も希望してるならもう*てあげてくれとしか言いようがないよな…可哀想に。あと安楽死が法的に認められて〇〇を*せることができればとか言ってる奴の大半は安楽*こと勘違いしてると思うぞ。自殺を希望してる人間が皆条件満たしてると思うか?お前が邪魔扱いしてる「本人が」自分が*ことを希望すると思うのか?


*しか痛みから解放される手段がないと判断された場合のみ安楽死が許されるのか


*でも天国も地獄もないと思うが・・・。


病気はなぁ...生きても苦しいし*だら終わりだし...救いようがねぇよ...


あれれ〜、国連は〜?


生きてる間はただ苦痛を感じてそのまま*でいくだけ、ってのが確実となると、両親、子供共に選べる選択肢なんて死を望む以外にないのかもね。両親は*で欲しくないだろうし、でも何を選んでも苦痛しか残らない…。


うらやましい


後々*側のメンタルがやられそう。自殺でよくね?


一方日本は*まで働かせた


安楽死導入しても「ただ死にたい」だけの奴には適用されないからな?


介護されないと生きられない奴を殺処分できる法律はよ!↑こういう事いう*がいるから合法安楽死(難病で回復の見込みがない場合限定)がいつまでも進まないんだよ


筋ジスで痛いのか?苦しいのはわかるが・・・


苦しく4ぬよりははるかにマシじゃないか


親も本人も医者もきついやろうなぁ


このケースだと生きてる方が拷問だよなぁ


日本は逆に延命させすぎだな。例えば食べ物の嚥下が困難な患者だと欧米はそのまま餓死させるけど日本は流動食作ったり胃に直接食べ物送ってでも延命させるもんなぁ。


筋ジスは殆どの場合意識も頭もしっかりしているから精神的に苦痛を伴う場合もある。全ての子供が動かなくなる身体を思い死を願うかどうかはわからないけれど、中には生きているのに動けない状態に苦痛を感じてそう願う場合もあるかもね……兄の小学校の同級生にそういう男の子がいたけど、彼はそれでも生きていたいと意思疎通ができる間に語ったそうだけど……


精神的要因があれば若者でも適用ってのを日本にも欲しいってずっと言ってる。


日本の場合はサラリーマンに需要がありそう


日本ならワタミがやってくれるんじゃないかな。過労*意味で


末期がんで*ほど苦しんでも延命されるとか拷問と変わらないんだよなぁ 条件厳しくても安楽死はあったほうが良いでしょ


ただ*せてくれる装置が日本にあれば何割の人が消えるのか気になるなぁ


俺もベルキーで生まれたかったわ


これに関わった人たちきつかっただろうな


安楽死制度と安楽*ための審査機関を導入したら、自*る前に審査しに来る人間が来て結果的に自殺減らせるんじゃないかとちょっと思う。現実は都合よくいかないかもしれないけど


これはしゃーない 来世で幸せになれたらええな


安楽死制度必要だと思う